屋根に穴を開けない工法とは

ブレイズジャパンでは、屋根面に一切穴を開けないで、太陽光パネルを設置可能なシンプル・レイ工法もご用意させて頂いています。
この工法により、オーバーハング(パネル枚数を多く載せる)や効率の良い角度・方位に向きを合わせる事が可能となりメリットが大きくなります。
屋根面に太陽光パネル取り付けの為のビス穴(雨洩りの原因になりやすい。)を開けたくないお客様や、陸屋根で一般的なビス固定工法での設置が不可能なお客様には、絶大なるご評価を頂いております。 15年以上の実績があります。

kohohikaku.png

※シンプル・レイ工法は、弊社業務提携先である株式会社オルテナジ―が開発した技術工法です。(特許出願中) 

屋根に穴を開けない工法のメリット

  1. 雨漏りのリスクがゼロ!
  2. 屋根に傷をつけないので屋根の寿命が延びる
  3. 移設が可能となり、屋根補修の必要がない
  4. オーバーハング設置(屋根面積分よりも多いパネル設置)が可能。
  5. 通常の陸屋根工事より工期が短く、安価でできる。



屋根に穴を開けない工法による施工例

オーバーハング設置.JPGA. オーバーハング設置陸屋根.JPGB. 陸屋根
特殊傾斜屋根.jpgC. 特殊傾斜屋根アパートの陸屋根.JPGD. 陸屋根アパート
アパート傾斜屋根.JPGE. 傾斜屋根アパート047.JPG F. 更地設置

屋根に穴を開けない工法の工程

koho01.jpg

1.南向向きに架台を格子状に組みます。

koho02.jpg

2.パネル設置面の反対面にバランス架台を組み立てます。

koho03.jpg

3.あとはパネルを設置するだけ。

koho04.jpg

4.組んだ架台の上にパネルを乗せ、ワイヤー張力で固定します。これが台風や強風が吹いても安心のシンプル・レイ工法です。

屋根に穴を開けない工法 Q&A

Q1:雨漏りはなぜ大丈夫なのですか?
一般的な工法と違い、屋根面に穴を開けないので、太陽光パネルの設置が原因で雨漏りをすることはありません。
Q2:屋根が傷むことはありませんか?
パネルを点で支える一般的な工法の場合、そのポイントに負荷が大きくなり、屋根を傷めてしまうケースがあります。シンプル・レイ工法は屋根面に一切加工しないので、その心配はありません。
Q3:風に強いですか?
全く問題はありません。強風下の山小屋にも、多く採用されている工法です。
Q4:見た目はどんな感じですか?
屋根の反対面にバランスをとるための架台が見えます。また太陽光パネルの固定のために、ステンレスワイヤーで屋根の両軒板に固定します。 見え方は、近くで見るとわかる程度です。
Q5:どんな屋根にでも取り付け可能ですか?
複雑な形状の屋根にはつけられませんが、設計の自由度は一般的な工法よりも多様です。東西の切妻屋根に、南向きにパネルをつけた実績もあります。
Q6:いったん取り付けた後で移動することはできますか?
屋根面に直接加工をしていないので、一般の工法と異なり、移動時に屋根の修復や煩雑な取り外しなどの作業が不要、簡単に移動することが可能です。

Q&Aの最終更新日 : 2015-04-27



toiawase04.png

お問い合せ前に、LinkIconよくあるご質問もご確認ください!

対応エリア

  • 埼玉県(さいたま市南区、中央区、岩槻区、南区、緑区、桜区、浦和区、川口市、蕨市、鳩ケ谷市、戸田市、草加市、八潮市、三郷市、越谷市、和光市、朝霞市、吉川市)
  • 東京都(23区すべて)
  • 千葉県(市川市、松戸市、流山市)

対応エリア以外の地域でもまずはご相談ください!